時間とお金を浪費するだけの夕飯の買い物はもうやめよう!

夕飯作りにおいて、意外と負担になるのが「買い物」です。

仕事が終わってスーパーに直行。買い物カートを押しながら「何を作ろう?」と店内をウロウロ。何を買うか決まってないので、スーパーの罠にはまり、つい必要のないものまで買ってしまう。
 
ショッピング
 

必要なものだけなら2000円で済むのに、あれよあれよと買ってしまい5000円オーバー。そして重い荷物を両手に抱え、急いで家に向かう。さあ、帰ったら夕飯作って、お風呂にいれて、洗濯ものもたたまなきゃ!あっ!明日は子供のお弁当も作らなきゃ!!

こんな経験ありませんか?

毎日、毎日、仕事に家事に子育てに。待ったなしで襲ってきます。少しでも時間が欲しい。これは切実な願いですよね。

では、せめて買い物時間と負担くらい少なくしましょう。

ここでは、特に時間とお金を節約するにはどうしたらよいかお伝えしていきます。買い物に時間をかけず無駄を省くコツは以下の通りです。

① 献立を考え、買うものを決めておくこと
これは基本中の基本です。作るものが決まれば、買うものも決まります。悩む必要も、迷う必要もないので時間がかかりません。でも、これが大変なんですよね。わかります。せめて3分でいいので考える時間を作りましょう。それができれば、20分、30分といった時間、1000円、2000円といったお金の無駄がなくなります。

② 安い物ではなく必要なものを買うこと
今日は牛肉が安いからと言って、使う予定がないものを急遽買ってしまうとせっかく考えた献立が無駄になってしまいます。使わないのなら買わない、買うなら必ず使い切れるように買うことを心がけましょう。

③ 安いからと言って多めに買わないこと
キュウリがあります。1本だと60円、5本パックだと200円だとします。これも使う予定がないのなら、1本単位で必要な分だけ買うこと。使いきれるなら5本パックでもいいですが、1、2本で十分なのにお得感があるからといって買うのは無駄です。もし5本買って2本をダメにしてしまったら80円を捨てたのと同じです。

また、多めに食材を買ってしまうと「それを使い切ること」が目的となった献立になってしまいせっかくの献立計画が台無しになります。

④メモをして、買い忘れがないようにすること。
忙しければ忙しい時ほどメモをしましょう。人は、忙しい時ほど忘れ物をします。家に帰ってまたスーパーに行く時間が無駄です。また、行くと余計なものまで買ってしまう確率が上がります。

⑤行きつけのスーパーを決めておくこと。
近所に行きつけのスーパーを2件ほど決めておきましょう。いちいちお店を変えているとどこに何があるか分からなくなり探す羽目になります。また、いろいろ行くのは時間と交通費の無駄です。しかも、品切れの場合もありますので近い距離に2件ほど行きつけを作ると良いと思います。

いかがですか?頭ではわかっていても、つい無駄な買い物をしてしまう。少し意識するだけで大きな時間とお金、そして労力の削減になります。全てきちんとできる必要はありませんが、意識するとしないでは大きな違いが出てきます。

1日1日では大した差ではありませんが、1ヶ月、1年で見てみるととてつのない時間と金額になります。一度、計算してみるといいかもしれませんね!

Copyright(c) 食楽幸望 All Rights Reserved.