共働きで料理が大変!慌しい毎日に余裕を持たせる5つの料理の時短術

2018-08-25

疲れた女性

夫婦ともにフルタイムで働いているので、毎日疲れてクタクタ・・・外食やスーパーのお惣菜で済ませてしまいたい気持ちもあるけれど、そうはいかないのが現実。

以前は、作り置きにチャレンジしたけれど、慌しい毎日に流され、いつの間にか作れなくなっていた。

休みの日に作り置きをまとめてしたけれど、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはん、それに作り置き、1日中料理ばかりで、なんだか休みなのに、平日より大変・・・。

これって私のことかも!

そう共感していただいた方にお伝えしたい5つの料理の時短術をご紹介します。
 

目次

1なぜ料理に時間がかかるのか?
2夕飯作りをぱぱっとできる人と時間がかかる人の違い
3心と時間に余裕をもたせてくれる5つの料理の時短術
 3-1簡単に加工できる食材を選ぶ
 3-2簡単な料理法を選ぶ
 3-3簡単な味付けを選ぶ
 3-4一品でもいいので次の日の献立を考えておく
 3-5事前に野菜や肉を切っておく
4毎日の夕飯作りがつらいと感じる方へ

 

筆者は元料理人として、それこそ朝から夜中まで毎日時間に追われ料理をしていた経験があります。そんな経験を活かし、キッチンうつ改善カウンセラーとして、毎日の夕飯作りをつらいと感じてしまう方のサポートをしています。
 

キッチンうつ
 

なぜ料理に時間がかかるのか?

そもそも、なぜ料理に時間がかかるのでしょうか?または、どの作業に時間がかかるのでしょうか?

料理というと、野菜を切ったり、炒めたり、いわゆる調理だけというイメージがありますが、それ以外にも時間がかかることがたくさんあります。

・献立を考える
・買い物をする
・買った食材を冷蔵庫にしまう
・キッチンを片付ける
・洗ってある食器を片付ける 
・洗い物をする

などなど、調理以外に面倒な作業が多いですよね。
 


 

なので、まずはこの時間をなるべく減らす工夫が必要です。料理の時短というと、調理時間を短くすることに目が行きがちですが、この付随する作業の負担を減らしましょう。
 

夕飯作りをぱぱっとできる人と時間がかかる人の違い

共働きで仕事や子育てをしながらも、毎日の料理をぱぱっとやってしまう人も中にはいますが、そういうできる方と比べても仕方がないので、そういう方は除きます。

私に相談に来られた方を比べても、30分で料理を終わらせる人もいれば2時間近くかかる人もいます。

料理が得意、不得意、好き嫌いも影響しますが、相談者の方と話していると感じるのが「思い込み」です。
「〜しなければいけない」という思い込みが毎日の料理を余計に大変にさせている気がします。
 

例えば、「夫がうるさいから3品作らなければいけない」とか「カレーには、豚肉と玉ねぎとにんじんとじゃがいもを入れている、じゃがいもの皮をむくのが大変」こういったことです。

夫がうるさいから3品を作る、その家のルールみたいなものなのでしょうが、あまりに大変なら旦那さんに話をして、少しでも負担を減らす方向にした方がいいですよね。

カレーに関しても、カレールーの箱の裏側にある通りの材料にする必要はありません。例えば、ひき肉と玉ねぎだけでも美味しいカレーが作れます。豚肉・じゃがいも・にんじん・玉ねぎを使うのに比べても、10分くらいは時短になります。

こういった思い込みが毎日の料理を大変にしていることもあります。

時間がかかる人とかからない人の違い、原因はいろいろありますが、この思い込みというのも大きような気がします。
 

心と時間に余裕をもたせてくれる5つの料理の時短術

では、共働きでも料理が時短でき、毎日を楽にするにはどうすればいいでしょうか?今日からでもできる5つの時短術をお伝えします。
 

ポイント 共働きの時短術1 簡単に加工できる食材を選ぶ

 

きゅうりレタストマト
 

調理をする上で、時間がかかり、面倒だと感じるのが野菜の皮むきや肉のカットなど加工作業です。大根を細切りにしたり、鶏肉を細かくカットしたり、仕事でヘトヘトになった中で行うのを想像するだけでも大変ですね。

忙しい平日はとくに、この作業の手間をなくしましょう。そのためにも加工が簡単な食材を選びましょう。

例えば、サラダを作る時は大根サラダよりレタスサラダです。大根は包丁を使い、皮むきや細切りなどの工程が必要ですが、レタスなら手でちぎるだけで済みます。

野菜なら、ほうれん草やレタスなど葉物やトマトのような果菜がおすすめ。肉なら、ひき肉やロース肉がそのまま使えます。
 

ポイント 共働きの時短術2 簡単な料理法を選ぶ

 

料理する女性
 

簡単に加工できる食材を選んだら、つぎは簡単な調理法。人それぞれ好みはあるとは思いますが、フライパンでの炒め物や焼き物が簡単です。逆に、揚げ物や煮物は手間がかかると敬遠されがちですね。

炒めものなら、フライパンでさっと炒めれば5分くらいで作れます。焼き物も同じ。揚げものは、油の後始末が面倒だという声が多いですよね。煮物も煮る時間がかかるのと、味が染み込まないなど、大変なイメージがあります。

しかし、実は煮物は、料理の時短に役立ちます。煮物は、火にかけて置くだけなので、手を煩わせません。火加減にだけ注意すればいいので、実は手間がかからない料理法とも言えます。

ただし、煮る時間がかかるし、味がしみづらいといった問題もありますので、当日のおかずにするのではなく、次の日のおかずにすると非常に便利です。

次の日は、その煮物を火にかけ温めるだけでOKです!
 

ポイント 共働きの時短術3 簡単な味付けを選ぶ

 

しょうゆとしお
 

簡単な食材、簡単な調理法の次は、簡単な味付けです。

味付けも意外に時間を浪費させる原因になります。まず、慣れない味付けだと、いちいちレシピを確認したり、計ったりしなければいけないので、料理の流れが悪くなり時間がかかります。

また、味付けがうまくいかず、味見の繰り返しで時間ばかりが過ぎてしまいます。そして、味付けに失敗でもしたら、今までの時間が全て無駄になります。考えただけで、恐ろしいですね。

こういったことがあるので、忙しい平日はなるべく簡単な味付け、または、慣れた味付けのレシピを選びましょう。

僕はクックパッドなどで、時短料理を発信していますが、その中でも「万能たれ」というレシピが好評です。簡単な味付けだけど、いろいろな料理に応用が効く便利なたれです。

万能たれを使ったレシピが知りたい方は、下記のレシピ本をプレゼントしています。
 

ポイント 共働きの時短術4 一品でもいいので次の日の献立を考えておく

 

おかず7品

献立を立てることは、時短の基本です。計画を立てることになるので、行き当たりばったりの料理に比べ、効率的に行うことができます。

ただ、献立を考えることが面倒、苦手という人も多いのも事実です。

それなら、今日のおかずを考えるついでに、明日のおかずを1品でもいいので決めておきませんか?

今日は○○を作ればいいんだ!と思えるだけで気持ちも楽になりますし、時短にもなります。ぜひ、できることからでいいので、献立を立てるクセをつけると毎日が楽になります。
 

ポイント 共働きの時短術5 事前に野菜や肉を切っておく

 

野菜カット
 

献立を立てられるようになったら、ぜひやって欲しいことは、事前仕込みです。

今日は豚肉と玉ねぎの生姜焼きにするので、明日のお味噌汁の分の玉ねぎもついでに切っておこう。ということです。

あまり時間がないときや、疲れきっているときはおすすめしませんが、これができるととても時短になります。材料が切ってあれば、あとは炒めるだけ、煮るだけになるので気持ち的にも非常に楽になります。

これができると3品15分程度で作れるようにもなります。

料理の時短をするために献立を立てる場合のポイントは、この事前仕込みを意識することです。すなわち食材の使い回しを意識することです。

今日の夕飯の準備が明日の準備になっていることが理想です。
 

毎日の夕飯作りがつらいと感じる方へ

 

メニューを悩む女性
 

毎日の夕飯作りが大変、というかもうつらい、苦痛。

そんな風に感じてしまうあなた、それって「キッチンうつ」ではありませんか?

確かに、毎日の夕飯作りは大変です。仕事や子育てと同じで、大変ながらもなんとかこなしているでしょう。でも、最近なんだかつらいと感じてしまうことがある。

原因は様々ですが、少し注意が必要ですね。
 

いつも頑張っているのに「料理なんてできて当たり前」と思われて、褒められる感謝されるどころか、文句ばかり言われるから、もう嫌になってきた。

毎日、時間に追われ、帰ってきてからもバタバタ、寝るまで休む暇もない。

夕方になると、なんとなく憂鬱。キッチンに立つのも最近は億劫で仕方がない。
 

こんな症状はありませんか?

共働きで、子育て、仕事、家事に追われていると誰でもこういったキッチンうつになる可能性があります。料理が得意な人、好きな人でも同じです。

「私って、もしかしたらキッチンうつかも?」そう思ったら、まずはできる限り体を休めることを優先しましょう。そして、何が、なぜこんなにつらいと感じるのか、頭の中を整理してみると良いでしょう。

まずは、時短術の前に心の疲れをとることをおすすめします。
 

夕飯作りを楽にするための第一歩

【無料】毎日の夕飯作りを楽にするための無料メール講座
プレゼント
Copyright(c) 食楽幸望 All Rights Reserved.