夕飯作りを時短して仕事と子育てをうまく両立させる3つの方法

2017-09-13

キッチンうつかも?
 

仕事と子育て、家事との両立は永遠のテーマ。
特に毎日の料理は時間的にも精神的にも負担が大きいですよね。

仕事や子育ては時短できないけれど、家事、特に料理は時短が可能です。もちろん「レトルト食品を使わずに」方法によっては30分〜60分の時短ができます。

私は、夕飯作りの時短アドバイザーとして、夕飯作りに悩む働くママさんをサポートしていますが、夕飯作りをはじめとする料理の悩みで多いのは次の2つです。
 
・「夕飯のおかず何を作ろうか?」という毎日の悩み
・「夕飯の準備に時間がかかる」という悩み

 

みなさん、この2つをなんとかしたいと思っています。
 

サラダをあえる

 

現在は、クックパッドをはじめとするレシピサイト、人気ブロガーによる料理ブログ、時短や作り置きに特化したレシピ本、などなど。便利なツールや方法がたくさん存在します。

昔に比べ、はるかに簡単に、多くのレシピを調べることができます。そして、いろいろな時短方法を学ぶことができます。

しかし、なぜこんなに多くの方が毎日の夕飯作りを「つらい」と感じるのでしょうか?

もちろん、料理が苦手ということもあるでしょうが、決してそれだけではありません。私のところに相談にくる方も、料理が嫌いまたは苦手でほとんど何も作れないということはありません。

ほとんどの方が、真面目に取り組み、レシピ本を読み漁ったり、作り置きを試したり、いろいろ方法を試し、夕飯作りを「楽」にするため努力をされています。しかし、上手くいかない。

「時間が、時間さえあれば、、、料理をすることは苦にならない」

こんな声も多いのも事実。

ということは、

ただ「毎日の夕飯作りがつらい、面倒、作りたくない」のではなくて、「慌ただしい中で、時間がない中で、家族が満足する料理を毎日考え、作ることが大変、つらい」ということになります。

でも時間がないのは皆同じ、上手にできる人と上手くいかない人は何が違うのでしょうか?

その方法についてを掘り下げて考えてみましょう!
 

ポイント 仕事帰りの買い物から計画性を持つ

夕飯作りを時短して仕事と子育てをうまく両立させる3つの方法

 
仕事が終わり、子供のお迎え、そして夕飯の買い物、これも結構な負担になります。

何を作るか迷いながらスーパーに行くと、余計なものは買ってしまうは、子供がだだをこねたり、動き回って余計に時間がかかります。

時短のためにも、なるべく行く回数を減らすことが大切です。また、行く前に何を買うかメモをして、買い忘れがないように工夫をしましょう。

「これくらいメモしなくても忘れないよ!」このように油断するのはよくありません。私もメモをしないと、買い忘れをすることが多いのでわかります。スマホのメモ機能やLINEなどを使って忘れないようにしています。

また、意外に時間がかかるのが、普段行き慣れていないスーパーに行くことです。行きつけのスーパーなら何がどこに置いてあるか大体把握していますよね。

でも、行き慣れないスーパーや新しくオープンしたスーパーだと勝手がわからず、探すだけで時間がかかってしまいます。そういうスーパーは週末など比較的余裕がある時に行きましょう。

また、住んでいる環境によっては食材宅配サービスやネットスーパーを使うと良いでしょう。重い荷物を抱え、家まで帰るのは結構大変ですよね。

買い物全てでなくても、飲料系や野菜だけ宅配にするなど、時短+αの工夫をしましょう。
 

ポイント 育児と料理を上手くこなすには時短調理がおすすめ

夕飯作りを時短して仕事と子育てをうまく両立させる3つの方法

 
育児、特に大変なのは5歳くらいまででしょうか。子供が小さいと、目が離せないですし、キッチンに入ってきて足にしがみついたりします。

その都度、調理を中断していると時間ばかりかかり、焦ってしまいますよね。こればかりは仕方がないことなので、キッチンに立つ時間を短くするしかありません。
 

キッチンで料理

 

そのためには、次のことに注意して夕飯のおかずを考えましょう。

  • なるべく手間がかからない料理を選ぶこと
  • 味付けが単純な料理を選ぶこと
  • 作り慣れた料理を選ぶこと

もちろん細かな時短は必要ですが、基本はこの3つです。

料理は手間をかければいいというものではありません。少なくとも共働きで時短をしたいと考える方は「いかに手間と時間をかけずに家族が喜ぶ料理を作るか」が大切です。手間をかけなくても、時間をかけなくても美味しい料理はたくさんあります。

また、味付けが単純な方が時短になります。料理が苦手な方は特にですが、味が決まらないと、あれこれ加えたりしてせっかくの料理を台無しにしてしまいます。

せっかく作ったのに、子供が全く食べなかったら悲しいですよね。

例えば、照り焼きを作るなら、醤油とみりんと酒を同割りにするなど、レシピをチェックしなくても覚えられるような味付けをしましょう。

そして、当然ながら作り慣れた料理を作る方が時間がかかりません。いちいちスマートフォンでレシピをチェックして、計って、行程を確認して作っていたら、いくら時間があっても足りません。

なるべく忙しい平日は、作り慣れた、できればレシピを見なくても作れるような料理を選びましょう。

大切なことは、料理上手になることではありません。家族と自分が喜ぶ料理を作るだと思います。

ブログやSNSにアップをする必要もないですし、誰かを呼んで料理を振る舞うわけでもありません。家族が美味しいと言ってくれる簡単レシピを、ある程度まで増やせばいいんです。

50も100もレオパートリーを持っている必要はありません。人と比べる必要もないですし、人と比べて落ち込む必要もありません。
 

ポイント 仕事終わりの疲れをなくし夕飯の準備に取りかかる方法

夕飯作りを時短して仕事と子育てをうまく両立させる3つの方法

 
子供がいて、仕事もしていると朝から本当に慌ただしいですよね。子供を起こして、朝ごはんを作って、着替えさえて、時にはお弁当、そして自分の準備。1、2分を争う時だってありますよね。

そして、昼間は仕事。当然ながら、そこでもかなりのエネルギーを使います。そして、夕方にはお迎えや洗濯物、料理、お風呂が待っています。

「起きてから寝るまで、休む暇がありません。助けてください」

以前、こんな悲痛なメール相談を受けたことがあります。でも、少なからずこのような状況の人もいますよね。それくらい、仕事と家事と子育ての両立は大変です。

では、朝から晩まで慌ただしく動いても、仕事から帰ってきて面倒くさがらず、夕飯作りをこなすのに必要なものはなにか?

それは「栄養」という名のガソリンです。
 

6品目の食事

 

多くの人が「ダイエット」や「美容」「健康」というキーワードだと、この「栄養」や「食事」について意識します。例えば、太らないために炭水化物を減らそうとか、健康のために野菜を食べなければと。

でも、普段の仕事・家事・育児のパフォーマンス向上のためにという意識は少ないのではないでしょうか?ガソリンが不足していれば、メンタルや体力が低下して、夕飯作りが「面倒」「嫌だ」「作りたくない」といったマイナスの感情が出てくるのは当然です。

それなのに「私って、ダメね」と自分の能力や性格のせいにして、自分を責めてしまう人が多いんです。自分の能力や性格を責める前に、ちゃんと栄養というガソリンを取っているかチェックしましょう。

朝ごはん抜き、お昼は忙しいからおにぎりだけといった生活を送っていませんか?

自分一人だから、お昼はインスタント食品やお菓子で済ませたりしていませんか?

ダイエットのためといって、野菜ばかりの食事になっていませんか?

思い当たる人は、一度、自分自身で試してほしいことがあります。

お昼に次の2パターンの食事をして、午後のやる気や夕方からの疲れ具合を比べてみてください。

1、パスタやおにぎり、サンドイッチのみ

2、サラダなど野菜を食べてから、しっかり肉または魚を食べ、ご飯やパンも食べる

きっと、午後の眠気・だるさ・集中力が違ってきます。また、夕方の仕事帰りの疲れが違ってきます。すなわち、夕飯の準備に取り掛かるときのパフォーマンスが全く違うわけです。

栄養士が作るような献立までは必要ありません。ネットで調べれば出てくる程度の、たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルといった栄養素に注意して食事をとるだけも違います。

無理はせず、できるところからでよいので食生活を改善するだけで大きな変化が実感できます。

こういったことも、仕事と子育てをうまく両立させるために必要かと思います。

夕飯作りを楽にするための第一歩

【無料】毎日の夕飯作りを楽にするための無料メール講座
プレゼント
Copyright(c) 食楽幸望 All Rights Reserved.